調整とか(持論)

KAITOさんの調整について

先程、生放送で偉そうに言ってしまった事を実行します。
自分のカイトさん調整法です。

最初のシンガーリストは「CALL」くらいから殆どいじっていません。

 ・ハーモニクス:55
 ・ノイズ:75
 ・クリアネス:95
 ・ジェンダーファクター:70

たまに、曲の音域(一番高い音と低い音の幅)によって、ちまちまといじったりもするんですが、大体これで固定です。
めんど……これくらいの声が好きなので。
バージョンは1.1で、シンガーはノーマルです。
1.0もやってみましたが、えと、私は1.1のが好みでした。

その後の流れは、以下の通り。

 1.MIDI読み込み・歌詞入力
 2.発音が強いものを、コントロールパネルのベロシティで削る(大体、エ段)
 3.アイコンパレットを使い、発音記号とビブラートを入れる。
 4.ダイナミクスをコントロールパネルに適当入力。
 5.全体を聞き、ちまちまと削ったり増やしたりの調整。
 6.1晩~1週間くらい置く。
 7.再びチェック。

こんな感じです。煮詰まってくると、5~7の繰り返しです。
ついでなので、3と4の作業についてもう少し。

アイコンパレットでよく使う発音記号は、以下の通りです。

・ACCENT
 早い歌詞部分や、前後の歌詞や音程の関係で狂ってしまった音に。

・LEGART
 「っ」の後に入れます。「なって」だったら、「て」の部分に。心なしか、柔らな出だしになる気がします。

・FASTBENOUP
 歌い出しに多用してます。コブシ効いた感じになって好きです。
 ただし、続けて使うと半音狂う場合もあるので、その場合は「ACCENT」を使います。
 強くコブシを入れたいときは、その隣にあるのを使うと良いですよ(名前忘れた)

・TRILLSENT
 つるるーとトリルがかかるので、アクセントにパンチが欲しい時に。これも、大好きなので多用してます。
 ベロシティで削って力の失せた所に使うと、それらしくなります。

発音が微妙→アクセント記号、という感じに使ってます。
全てをしっかりと使い分けているわけではないですが、こういうときはこれがいい、みたいなのを自分ルールで定めると、とりあえずそのアクセント記号については強みになれます。多分(ぼそ)

ビブラートは、一番左にあるノーマル一択です。
冒険できなくてすいません。

次に、ダイナミクスについて。
色んな動画を拝見したり、自分でも歌って確認していじりまくったりもしたのですが、はっきりいって細かくいじるのは私に向いていませんでした。
えと、声が安定しなくなっちゃうので。不器用なニワトリです。
そんな「ダイナミクス、どうしたらいいのか」と迷った結果。

 ・音が高くなれば声を大きく、低くなれば小さくする。
 ・サビは心持ち大きく。サビの前は<にする。
 ・長い伸ばし声は、<>になるようにする。
 ・「っ」が入る際、><にする。「なって」なら「な(>)っ(<)て」

という、法則を勝手に生み出しました。
自分で歌ってみて分かったんですが、音が高い時は声を自然と張っています。
低い時は、落ち着いてます。うん、そういう事です(アバウト)
サビが大きいのはそのままだし、長い伸ばし声もそのままですね。
「っ」の時のは、切れた部分を自然に見せられるのでは、という効果を狙ってます。
効果があるかどうかは不明です。是非お確かめ下さい(お前)

こんな感じでしょうか。
素人ながら一年やって来て思ったのは、あまりいじりすぎても分からないという事です。
人が歌っているようにしたい、を目指して出発し、必死になっていじりまくっていたのですけれど、最終的に「言葉がはっきり聞こえる事がいいのでは」と思ってしまってます。
勿論、今が最終地点ではないですが。途中経過ですね。
今は「レゾナンス? 何それ。おいしいの?」状態なので、手を全くつけていないのですけれど、いつしか手をつけられるといいな、と思ってます。
コントロールパネルという言葉も、ようやく頭に入った状態ですので。
(下の部分、とずっと言ってました。頭悪いですね、すいません)
もう覚えましたよ、コントロールパネル! 下の部分はコントロールパネル!!

以上、少しでも参考になりましたら幸いです。
また何か分かったりしましたら、書き加えていこうと思います。
偉そうに色々言ってしまっていますが、間違えている部分も多々あると思いますので、ご指摘くださいますと嬉しいです。

| | コメント (0)