« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

人形と花と魔術師(2)

2.
 アステラのいなくなった家は、静かだ。取り残された魔術書や小物が、取り残されてしまっているようにも見える。
「そうだ、魔術」
 ティルトは呟き、魔術書に手を伸ばす。
 嘗てアステラが宮仕えをしていた頃、自分は半永久の魔術師と呼ばれていた、と言っていたのを思い出したのだ。
「半永久の魔術を作り上げるのが上手いのだと、自慢していたっけ」
 少し照れたようなアステラを思い出す。
 口元をほころばせ、どこか誇らしそうにしていたアステラ。
 ティルトはいくつかの魔術書をぱらぱらと捲りながら、思い返す。
(でも、アステラは永久を得られなかった)
 どうして半永久なのかと、アステラに尋ねた。
 どうせなら、永久の方が良いではないか、と。
 しかし、アステラは静かに微笑んで答えるのだ。
――永久など、何処にも無いのだ。
(ある筈だ)
 探せば、見つかる筈だとティルトは確信している。
 もしなければ、自ら魔術を構成すればよいだけのこと。
 永久となるものが、必ず存在する筈だ。
「そうでなければ、寂しい」
 ぽつりと呟く。
 既にアステラは居ない。半永久だったから。永久じゃなかったから。
 じわ、と溢れようとする涙を袖で拭う。
「……あ」
 ティルトは、とある一ページで指を止める。
 そこに書かれていたのは、人形に魂を宿す、というものだ。
 精神集合体を小さな人形に宿し、使い魔として使役するのだという。
「人が死ぬのは、肉体が朽ちるからだ」
 ぎゅ、とティルトは魔術書を握る。
「人形ならば、朽ちない。朽ちた部分を交換すればいい。そして、それを応用すれば」
 ティルトは唇を結び、魔術書を片手に術式を構成し始めた。
 思い描くのは、魔術書にあるような、小さな人形にそこら辺の精神集合体を宿す、という作業ではない。
 朽ちぬ体を持つ、人に近しいもの。
「できる、必ずできる」
 ティルトはその日から、魔術構成に夢中になった。
 最低限の日常生活をこなし、あとはひたすらに術式を構成してゆく。
 己の体の生理現象ですら鬱陶しく、眠らなければ動かぬ頭がもどかしくなるほどに。

 人形が完成したのは、アステラの死から15年が経過してからであった。
 術式を組み込み、人の形を成した人形。
 目を閉じて結界内に座っているその姿は、一見して人形とは分からぬ。
「……起きて」
 問いかけると、静かに人形は目を開いた。じっとティルトを見つめた後、ゆっくりと立ち上がった。
「おはようございます」
「おはよう。気分はどう?」
「大変よろしいです、マスター」
 滑らかに喋る口調に、ティルトは微笑む。
「名前を与え開ければ。何がいいかな?」
「名前はマスターがお決めください」
「じゃあ、エイシュ」
 エイシュ、と名づけられた人形は、頷いた。
「了解しました。以後、私はエイシュです」
「感想は?」
「私がエイシュである、という認識です」
 ティルトは怪訝な顔で、エイシュを見つめる。
 よく見れば、エイシュに表情は無い。無表情のまま見つめる顔は、目を閉じていた人形そのものである。
(感情が、欠落しているのか)
 少しだけ、がっかりする。
 仕方の無いことだとは、思っている。どれだけ魔術書を漁ろうとも、自らの術式を構成しようとも、精神の動きまでは組み込むことができなかった。
 一から作り上げたのだから。
(でも、これからだ)
 ティルトは心に決める。
 エイシュは見た目こそ違うが、生まれたてである。いわば、何も知らぬ赤子と同じ。
「私が、お前を育てればいいだけだ」
 ティルトはそういい、エイシュの頭を撫でる。
 かつて、アステラに言われ、されたように。

-----------------

第二話です。
ちゃんと続きがかけました。わーい。
あとは最後までいけたらいいな。がんばります。
出さなければならない人物は出しているので、あとはマスターと人形がキャッキャウフフするだけです(笑)

ぼちぼちやりますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

人形と花と魔術師(1)

1.
 暖かな布団の中、うとうととティルトは目をこする。
「もう、眠るがいい」
 魔術師アステラは、ゆるりとティルトに声をかける。
 ゆらゆらとアステラの近くで揺れているランタンの火が、目を閉じても追いかけてくるかのようだ。
「眠いけど、眠くない」
 矛盾している答えを返すと、アステラは苦笑交じりにベッドへと近づいた。
「話をご所望か」
 こっくりと頷くと、アステラは「よいしょ」と小さく呟きながら、傍においてある粗末な椅子に腰掛ける。
「ドラゴンの卵の話はしたかな?」
「暖めすぎてゆで卵になったやつなら、一昨日聞いた」
「では、突如踊りだす不可思議な人形の話は?」
「螺子を妖精が巻いていたのなら、一週間前に」
 ふむ、とアステラは頷く。
 なるほど、夜話を毎晩聞かせているせいで、大分同じ話をしてしまっているようだ。
「私の話を、君は殆ど聞いてしまっているようだね」
「聞いたことの無い、話がいい」
「これは手厳しい」
 くつくつと笑い、優しくアステラはティルトの頭を撫でる。
「では、永遠に咲くという、枯れぬ花の話をしよう」
 ティルトは微笑み、頷く。
 アステラは笑い返した後、静かに口を開くのだった。

――人は、死ぬのだろう。
 花に囲まれているアステラを見つめ、ティルトは思う。
 夜話を強請ったのは、いつまでだっただろうか。
 十年前は、確実に聞いていた。毎晩楽しみで、色んな話を聞いて、想像して、夢の中で続きを見たりしていた。
 いつからか、夜話を聞かなくても眠れるようになった。そしてまた、アステラも話さなくなった。
 口数が減り、ぼーっとする回数が増え、だんだん足元がおぼつかなくなった。
 ティルトがアステラの背を追い抜いてしまったところで、アステラは突如として倒れ、帰らぬ人となってしまった。
「アステラ」
 ぽつりと問いかけるも、アステラからの返事は無い。
 昨日までは、ゆっくりとではあったものの「なんだい?」と返事があったというのに。
 アステラは返事をしない。
 アステラは動かない。
 アステラは、もう、アステラではない。
「……これが、死」
 ティルトは花の中に埋もれている、かつてアステラだった体を見つめ、それから蓋を閉めた。
 家の裏山に箱を担ぎ、山頂に埋めた。
 慰問客などいない。森深くに住んでいた二人は、日々魔術を鍛錬し、あるものを口にし、稀に街に出て過ごしていたのだ。
 殆ど、他者と交わることなく。
 本来ならば、アステラはティルトと共に生活することすらなかったのだ。
 幼いころ、ティルトがこの森に捨てられることさえなければ。
「一人、朽ちることはなかったんだ」
 ティルトがいるからこそ、アステラの亡骸はこうして弔うことができたのだ。寂しく、骨になることもなく。
「自分の存在が、アステラにとっては、きっと、救いだった、に、ちが」
 ティルトは嗚咽をあげる。
 言葉にならぬ言葉を吐き出し、叫び、涙を流す。
「人は、人は何故死ぬ!」
 うおおおおお、とティルトは吼えた。
 アステラからの返事は、無かった。

-------------------

「枯れぬ花」「有限の魔術師」の派生ノベルです。
性別については、適当に妄想してください。
どっちでもいいように書くつもりです。

ふと思いついたので、まとめる意味でも書いてみます。
ちゃんと最後までいけるよう、がんばります。
ブログ更新自体が遅いし、何かこういうのを作ったら更新するような気がしますしね。
うん、自分、だめなやつ(笑顔)

ちょっといろは様にハァハァしてくる。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »